みやはらブログ

年末へ向けてのご注意&28名インフルワクチン入荷

ただいま28名のインフルエンザワクチンが入荷しました。

なお、当院は12/28が最後の診療となり、2週間後に接種はできないので本日の接種は一回だけの接種で済む13才以上の方に限定させていただきます。

そして「年末にむけてのご注意」です。

年末を控え、恐れていた事態が現実となりました。
それは「救急崩壊」です。年末年始というのはGWやお盆休みと違い、病院も「お休みモード」が1週間の長期にわたって続きます。この間は少ない人数で外来や病棟を回すのですが、人手が大変とられるコロナ対策のせいで普通の病気の対応が異常に手薄になっているのです。

救急外来がパンクしないためにはどうするか。「受診制限」になると思われます。これは救急外来を受診しても「診察する余裕がないので他をあたってください」と断られる状況です。ただし、年末年始はどこも手薄なので、結果「受診できない」「受診するのにものすごい時間がかかる」困った状況になるでしょう。

ここで、できることはただ一つ。年末年始は医療機関を受診しなくて済むような状況を12月28日まで整えることです。
例えば、アレルギー性鼻炎。患者さん的には花粉症と認識されていたりするのですが、急な冷え込みなどで鼻炎の症状がひどくなりそれを放置したりしていると、ちくのう症になることがあります。そうなるとものすごい頭痛がひどかったり、熱が出ることがあります。「発熱」は今医療機関が警戒する症状ですので、救急を受診できるかどうかすら微妙になってしまいます。しかしここで普段使っているアレルギー性鼻炎の薬をもらっておけばですね、最悪それを年末年始使うことでなんとかなります。1月4日以降は医療機関は通常モードに戻りますので、そこまで持ちこたえればもう大丈夫です。

そして、気を付けたいのが「急を要する病気」です。これには「命をおとしてしまう」病気と「治らなくなってしまう」病気があります。命を落とす病気は「のど痛」です。ただのばい菌が悪さするのどの腫れでも寒い季節は悪化しやすい。これがひどくなると緊急入院や緊急手術が必要になることがあります。のどの腫れがひどくて窒息しそうになったら「すぐに」手術をしないと死にます。そうならないためにも「たかがのど痛」と思わず今だけはすぐ耳鼻科を受診して「扁桃炎」になったりしていないかもチェックしてもらいましょう。
また、「治らなくなってしまう」病気には難聴になる病気や顔面の麻痺があります。具体的には「突発性難聴」や「顔面神経麻痺」です。突発性難聴も顔面神経麻痺もできるだけ早くステロイドホルモンという薬を使う必要があるのですが、ひどい場合には入院して点滴治療をしないといけません。症状が起こってから年末年始をはさんでしまったがために受診できず1週間以上たって年明けに受診しても治療はしたけどよくならなかったということになりかねません。特に突発性難聴は聴力を評価する必要がありますが、救急外来では聴力検査はできません。また顔面神経麻痺も麻痺が残るとそこから一生顔の動きが麻痺あるいは不完全な表情しかできなくなってしまいます。

だからこそ首から上の症状はすぐにでも耳鼻科を受診してきちんと検査や治療を受けることをお勧めします。

また気を付けなければいけないのは、病院は28日までしか開いていません。29日まで通常の診療をしている耳鼻科クリニックはたまにあったりしますが、受診はできても「病院の耳鼻科での治療はできない」、すなわち受診はしてもひどい症状であれば病院へ紹介できないのでお手上げなのです。さらにこのコロナ禍です。29日以降の「通常の耳鼻科診療がない状態」では耳鼻科の病気で病院へ紹介されてもどこまで治療が受けれるか自体が不透明です。

見通し暗い話ばかり書いてしまいましたが、1/4まで無事に過ごせればそこからは医療機関が普通に動き出すので心配ありません。気になる症状があればとにかくこの12日間の間に早めに医療機関を受診しましょう!

みやはら耳鼻咽喉科の情報発信

  • Facebook公式アカウント

    「いいね!」1000名突破!病気や院長のプライベートなど、楽しめるコンテンツになっています。

  • 医院だより

    院長が毎月せっせと執筆しています。院長テイスト全開のこの医院便り、是非ごらんください!

  • 知っとく情報

    院長が毎月配信!季節ごとの病気や健康に過ごすためのヒントを満載しています。

  • 質問コーナー

    耳や鼻やのどは自分では見えないところなので、悩みやすい。ご覧になって悩みを解消しましょう。

  • LINE公式アカウント

    タイムリーに病気の情報を発信!耳鼻咽喉科クリニックならではの情報が満載です。

  • みやはらブログ

    耳・鼻・のどの病気を中心に、患者さんが気づきにくいことなどをわかりやすく説明しています。

  • 子どもの睡眠時無呼吸症候群

    皆様のお子さんはいびきをかいていませんか?実は意外と知られていない「睡眠時無呼吸症候群」かも!?

みやはら耳鼻咽喉科の関連サイト

  • 子供の病気と耳鼻咽喉科

    大人と違い自分で症状を伝えにくい、お子さんの病気をどうお家の方がみていったらいいのかをご案内

  • ちくのう症専門サイト

    鼻カゼが長い・・・と思ったらちくのう症。症状が多彩で見つけにくい厄介なこの病気を詳しくご紹介

  • 中耳炎専門サイト

    痛いだけでなく、知らないうちに聞こえが悪くなったりする、お子さんだけでなく大人もなるこの病気を詳しくご紹介

  • 難聴専門サイト

    聞こえにくい原因にはいろんな種類が。お子さんからお年寄りまで、みんながなるこの病気を詳しくご紹介

  • のどの病気専門サイト

    のどの病気にはガンのような困った病気から実は耳鼻科でなない病気までいろいろあり、わかりやすくご案内

  • 花粉症お悩みサイト

    日本人の4人に一人がなっているスギ花粉症。ある日突然なることもある困った病気を傾向から対策まで詳しくご案内

  • 舌下免疫治療サイト

    スギ花粉症が治る、この治療。痛くもなく家で治療できて画期的だが実際はどんなことをしていくのかを詳しくご紹介

  • 睡眠時無呼吸症候群サイト

    心臓病になりやすくなったり仕事がはかどらなくなるコワい病気、睡眠時無呼吸症候群についてご紹介

  • オンライ診療サイト

    中四国で初!クリニックに行かなくても好きなところで、予約した時間に診察を受けれる最新の治療についてご紹介

  • Bスポット療法

    のどに鼻水が流れるような不快な感じや、腎臓の病気に効く、画期的なこの治療についてご案内

  • 画期的!岡山県初!20分でわかる花粉症検査

    スギ花粉症が20分でわかります。他にも犬や猫アレルギーがないかなど、アレルギーも調べれるこの検査についてご紹介

  • インフルエンザの予防接種はお済みですか?

    予約なしで、1回一律3,200円で受けられます。3歳から接種可能で、予防接種のついでに、耳鼻科受診もOK。ワクチンがなくなり次第終了なので、ぜひお早めに!

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

診療時間

みやはら耳鼻咽喉科 診療時間

休診日:木曜の午後・日曜・祝日・土曜の午後
都合により診療時間途中で受付を終了することがあります。

順番予約が可能な時間

【月・火・水・金】AM 8:30〜12:00、PM 3:30〜6:00
【木・土】午前のみ  AM 8:30〜12:00
携帯電話やパソコンを利用しての受付方法についての詳細はコチラをご覧ください。

初めて受診される方へ

初めて受診される方は下の問診票をダウンロードしていただき、あらかじめ記入してからご来院いただきますと、受付がスムーズになります。

問診票ダウンロード

  • LINE公式アカウント
  • みやはらブログ
  • 補聴器
  • 医療事務 採用情報
↑