耳鼻科 岡山県岡山市南区のみやはら耳鼻咽喉科 「医療法人 南輝」

医療法人 南輝 みやはら耳鼻咽喉科

〒702-8034 岡山市南区福浜西町6番17号 Tel.086-237-4133

ブログ

のどの違和感

のどがイガイガする。。。

痛い訳ではないので、まぁいっか。

そんな方はおられませんか?

この「のどのイガイガ」は最近患者さんが増えられている印象。

のどのばい菌がちょっかい出していることもあれば、ごくたまにのどのできものがあることも。

他に難しいのが領域をまたいでいる可能性があること。

領域をまたぐとは、耳鼻科と内科と両方が関係してくる場合があるということなんです。

解剖学的には食べ物の通り道はのどぼとけのあたりまでは、のど、そこから下は食道になっていて、のどは耳鼻科、食道は消化器内科と分担が分かれているのですが、患者さんの症状には解剖学は関係はないので、食道であってもすべて「のど」という表現になるのです。

食道は胃カメラを受けるときに一緒にチェックするのですが、のどと違って、食べ物がまぶれついているので、すぐに食道を確認するのは困難。

耳鼻科ののどを見る胃カメラのようなカメラはそこを割り切って、食べ物を食べていても見えるのどだけ見えるような長さしかないのです。

なので、耳鼻科で「のどに異常はない。」と言われても、逆流性食道炎や逆流性食道炎じゃないんだけどそれと同じ症状の出る胃食道逆流症など、食道の病気が潜んでいる可能性があります。

のどがおかしいな~、でも耳鼻科で異常なしと言われた、そんな方は一度食道の専門家の消化器内科で相談してみましょう。

 

 

ヤンチャリカ

最近の息子くん1号。

急激に変貌を遂げております。

なにがって、わんぱく坊主に。

弟をどつく。

寝ようか?に、「やだよ~」

口に含んだ水をどわわぁ~と吐き出す。

弟が遊んでいるおもちゃを取り上げる。

テーブルの上のものをすべて叩き落す。

エトセトラエトセトラ。

奥さんが、目が吊り上がるのも無理からぬところですな。。。

と、自分も認識を改めました。

これってさ、おかあさんといっしょの「ヤンチャリカ」じゃねーの?!?

ホント、強烈です。

もし息子くん2号が来年こんなふうになったら。。。

ちび怪獣とでか怪獣のバトル勃発!

・・・・・・・・・戦場ですな^^;

警察(サツ)回り

なんかの書評欄を見てふいと買ってみた、警察(サツ)回り。

しばらく放置プレイでしたが、ふと目にとまり、読んでみることに。

新聞記者だった著者が警察担当だった頃のつきあいのあった飲み屋の婆さんとの交流から始まるこの話。

・・・・・・・・すごい。

筆力というか、これが物書きの凄(すご)みか。

とにかく圧倒されます。

しかも昭和の頃の日本がエネルギーに満ち満ちていた、そんな野放図(のほうず)な新聞記者としての生き様にも、惹かれます。

本のもつ魅力というか、これがあるから読書はやめれない。

いやーしかし、これはホントすごかった、読み終わってしばし興奮。

著者は悪しき風習であった「売血」制度を廃止して今の「献血」制度創設にも貢献とか、一記者としての領域を超えたバイタリティも持っていて、ただの文章の旨い人ではないんですな。

興奮さめやらぬままブログ書いてますが、この人を引き込むような筆致、なんなんだこれはとか思いながらWikipediaでぐぐってみたら、読売新聞記者のころは、「東の本田、西の黒田」と呼ばれるエース記者。

なるほどね。

そして生涯一貫して「内なる言論の自由を守り切る」という信念に殉じたのにも非常に共鳴してしまいました。

すごいすごい、本田靖春、しびれたぜ。

一気に本田靖春ファンになってしまいました。

しばらくは本田靖春にはまってしまいそうです^^

耳そうじ

診療をしていて、よくあるリクエスト。

それは「耳そうじ」。

お子さんだけでなく、大人の方も結構おられます。

耳あかは皆さん、綿棒や耳かきで一生懸命されている方が多いのですが、多くの場合逆効果になっているのです。

耳の中(外耳道)は、奥の方に耳あかがいくと、体は耳あかを出せなくなる(外耳道の手前は耳あかを出す機能があります)ので、耳の奥に耳あかが充満している。

あるいは、耳の壁をこすりすぎて、外耳炎(耳の壁がただれること)になっている。

そんな方が多いのです。

ひどい場合には、耳の奥にある鼓膜(こまく)に穴をあけてしまう場合も。

大人の方においては放っておけば耳あかは手前に出てきます。

もしどうしても気になるようであれば耳鼻科で耳そうじをしてもらいましょう。

これは、耳がかゆい方も同様です。

耳がかゆいのは、耳の壁をこすりすぎて、ただれたところが治るときに、かゆみが出るので、そこでまた触って、傷がつく。。。

そんな繰り返しのうち、耳の壁の傷が膿むと大変痛くなったりします。

耳そうじは控えるようにしましょう。

ただし、幼稚園や保育園くらいのお子さんや赤ちゃんは、背がぐんぐん伸びる時で、古い細胞があかになって出ていくので、体が耳あかを出すスピードが耳あかができるスピードに追いつきません。

お子さんは耳の穴も細いので、家では絶対に掃除しないようにしましょう。

目安は3か月に一度です。

最近耳鼻科に行ってない。。。というお子さんは成長期に耳栓をした状態にならないように、中耳炎のチェックも兼ねて耳鼻科で耳そうじを受けましょう^^

 

ラジコン

今日は天気がいいので、ピクニック気分でいずみ町の運動公園へ。

大学生がうらじゃ踊りの練習をしていたり、芝生ではキャッチボールやらバトミントンやら平和な光景が展開されております。

芝生がふかふかしていて気持ちよさそう。

ごろりんこ。

芝生に寝そべってみる青い空。気持ちいい~♪

ホント、平和ですなぁ。

しばしぼーっとしていると、息子くん1号、「しゅとらいだー、するぅ」

ストライダーするの? いいよ~。

まだストライダー、キックができず立ち乗り状態ですが、本人は結構満足。

そして、滑り台や吊り橋みたいな遊具を繰り返し繰り返しエンジョイ。

っと、

ラジコン!

息子くん、思いっきり刺さったようで、「おにいちゃん、すごいねぇ、はやいね~」を連発しております。

こっちにラジコンくると慌てて逃げて、あっち行くと「待って~」。

やっぱクルマ好きなのかな?

今度はフィットくんでドライブ行こうね~^^

〒702-8034 岡山市南区福浜西町6番17号
受付時間案内表
休診日:  木曜・日曜・祝日・
土曜の午後
交通案内 当院のアクセス方法はこちら
オンラインでの受付時間
【月・火・水・金】
AM 8:30~12:00、PM 3:30~6:00
【土】
午前のみ  AM 8:30~12:00
携帯電話やパソコンを利用しての受付方法についての詳細はコチラをご覧ください。