耳鼻科 岡山県岡山市南区のみやはら耳鼻咽喉科 「医療法人 南輝」

医療法人 南輝 みやはら耳鼻咽喉科

〒702-8034 岡山市南区福浜西町6番17号 Tel.086-237-4133

ブログ

ぞうのはな

今日は奥さんが会合でおでかけ。

天気もいいので、

男3匹で県立図書館へ。

来週から図書館が改修で2週間休みになるらしく、その間の移行措置で貸し出し期間が通常の2週間から4週間に延長されています。

その影響か、2才未満の絵本がちょーすくない。。。

とりあえず「のりもの」絵本を読んでみたのですが、

息子くん1号、壁際からなにやら超ビッグサイズの絵本を持ってきました。

ぞうのはな。

象の鼻のしくみについて、どアップで説明してくれるなかなかに面白い絵本です。

ふーむ、絵本て、大きさでもメリハリがつけれるのね。

内容だけでなく、大きさそのものを変えることでもインパクトを変えれる。

これって、クリニックでも病気の説明や医院便り、あるいは初めて受診された方に配っているクリニック案内とかにも使える手かも。

もうちょいしたら来月の医院便りの締め切り。

今回からネット印刷をプリントパックってとこに変えてみようと思うので、とりあえず原稿を仕上げないとなぁ。

などなど、ごにょごにょ考えているうちにあっちゅう間に1時間経過。

この匂いといい、なんか雰囲気が自分が小学生の頃に通っていた市立図書館に似ていて懐かしい。。。

いやー、図書館って、喫茶店とはまた違ったテイストで癒やしとか発想のひらめきがありますね。

息子君たち、また来ようね~^^

 

進め!雪の救助隊

絵本が大好きな息子くん1号。

自分がちびっこの頃、父親の膝にちょこんとすわって、日本昔話を読んでもらっていた記憶があります。

そんな自分も本が大好き人間になって、本の楽しさをもっともっと知ってもらいたい!

てな訳で、奥さんにならって、自分も寝る前に絵本を読み聞かせるようにしています。

ワイン晩酌に飲んでたら、絵本を開いたらいきなり自分が眠りに落ちることもありますが・・・^^;

で、最近息子くんがはまっているのが、「すすめ!ゆきのきゅうじょたい」。

これ、昨年11月に出版されたんですが、面白い!

大雪で家の中に閉じ込められた羊さんたちを救出しに行く話なんですが、絵に力があり、しかも息子くん1号大好きなクルマやメカがクレーン車やらブルドーザーやらヘリコプターやら6台登場して、力を合わせてミッションを遂行していきます。

この著者、絵を竹下 文子、絵を鈴木 まもるが分担しているのですが、このペアの絵本は面白いですね。

このお二人、夫婦だそうで、息がよく合ってます。

絵本の読み聞かせ、難点は息子くんの集中力が半端でないこと。

「もういっかい」のリクエストがひたすら続きます。。。

さーて、今日もエンドレス読み聞かせ、覚悟しなくっちゃ^^;

食道がんの新治療!

岡山市の医師会の耳鼻科部会で主催する年に数回の勉強会。

今回は岡山大学医学部 光学医療診療部(消化管・腫瘍)の講師をされている河原 祥朗先生が講師をされました。

河原先生は胃カメラでの治療を専門にされていて、胃カメラ(内視鏡といいますが)での食道がんの手術が今回のメインテーマです。そして食道ととなり合わせののどである下咽頭がんにもこの治療を応用している、そんなテーマで話が進みました。

食道というのはのどと胃の間にある細長い臓器ですが、食道がんの手術というのは開胸手術(普通に外科でやる、メスで胸を切り開いてする手術)では非常に危険度が高くなります。

これは、人間の体でいうと脳が一番大切な部分ですが、脳は血液を介して栄養や酸素をもらわないと死んでしまう。その血液を送るのが心臓。酸素を取り込むのが肺。

この脳をサポートするのに大切な心臓につながる血管や肺につながる管がちょうど食道のそばにを通るんですね。

ですので、ちょっと手術操作がずれたりするだけでどえらいことが起こったりします。

そこで、今回の早期食道がんに対する内視鏡的粘膜層剥離術(ESD)。

これで、胃カメラの手術操作で早期の食道がんなら治る!

外科で食道がんの手術をするとしばらく集中治療室(ICU)にいなきゃいけないとかとっても大変な展開になるのですが、早期の食道がんならこのESDなら10日間の入院で済む!

いやぁこりゃあすごいですね。。。

河原先生は岡大病院の消化器内科外来で火曜日の午前中に出られています。

岡山の方なら、早期の食道がんならESD目的に紹介状をかかりつけ医なりに書いてもらって(紹介状ないと受診できません)、河原先生の外来を訪ねることをお勧めします。

これはホント、革命的な手術ですね^^

 

 

 

パパジュース

今日は息子くん1号の大好きな池田動物園へ。

ちょうどホワイトタイガーがご飯を食べていました。

このホワイトタイガー、木下大サーカスの出身なんですが、なんでわざわざ動物園に?と飼育員の方に聞いてみたところ、ライオン関係で壁にあたり自律神経失調症になってしまい、池田動物園に来ることになったそうです。

ライオンさんはライオンさんで大切ですなぁ。

その後ヒグマさんやトラさんのご飯シーンも見学して、息子くん1号の大好きなキリンさんとカメさん、さらには上の方でハードル高めのシマウマさんと次々に回っていきます。

途中から抱っこ攻撃になり、しょーがねーなということで抱っこしつつ一通り見て回りました、ふう。

っと、息子くん1号。

パパ、ジュース!

・・・なに?

パパ、ジュース!パパ、ジュース!って言って指さしてたのが・・・

缶コーヒー。

これ、ワタクシが最近はまっているスクリューキャップ式の缶コーヒーですな。缶コーヒーはカロリー考え無糖をチョイスするのですが、これは各社だいたいブラックボトル。

てな訳で「お父さんのジュース」となったようです。

とっても癒やされました(*^.^*)

健康づくりのための睡眠

今日は節分。

鬼は外。ってなわけですが、内なる鬼、病気。

寝不足はこの病気を呼び込んでしまいます。

具体的には、肥満、高血圧、糖尿病、心臓病など。

健康づくりには、よい睡眠をとることが大切です。

じゃあ、どんなことに気を付けたらいいの?

これ、悩ましいとこですが、厚生労働省健康局がけっこうわかりやすい指針を2014年に出しています。

健康づくりのための睡眠指針2014 ~睡眠12箇条~

1.良い睡眠で、からだもこころも健康に。

2.適度な運動、しっかり朝食、ねむりとめざめのメリハリを。

3.良い睡眠は生活習慣病につながります。

4.睡眠による休養感は、こころの健康に重要です。

5.年齢や季節に応じて、ひるまの眠気で困らない程度の睡眠を。

6.良い睡眠のためには、環境づくりも重要です。

7.若年世代は夜更かし避けて、体内時計のリズムを保つ。

8.勤労世代の疲労回復・能率アップに、毎日十分な睡眠を。

9.熟年世代は朝晩メリハリ、ひるまに適度な運動で良い睡眠。

10.眠くなってから寝床に入り、起きる時刻は遅らせない。

11.いつもと違う睡眠には、要注意。

12.眠れない、その苦しみをかかえずに、専門家に相談を。

 

シンプルですが、なかなかにいいこと書いてます。

項目4の、「睡眠による休養感は、こころの健康に重要です。」なんか、まさにその通り!という感じ。

国の策定する文章はとっつきにくいイメージがありますが、これはいいですね。

皆さんも、適度な運動、しっかり朝食、ねむりとめざめのメリハリを\(^.^)/

 

〒702-8034 岡山市南区福浜西町6番17号
受付時間案内表
休診日:  木曜・日曜・祝日・
土曜の午後
交通案内 当院のアクセス方法はこちら
オンラインでの受付時間
【月・火・水・金】
AM 8:30~12:00、PM 3:30~6:00
【土】
午前のみ  AM 8:30~12:00
携帯電話やパソコンを利用しての受付方法についての詳細はコチラをご覧ください。